に投稿 コメントを残す

かつて年収1億円プレイヤーだった苫米地英人氏の現在の年収は?【徹底調査】

苫米地英人 年収

実業家としての側面もある苫米地英人氏。かつては年収1億円プレイヤーであることで知られ、現在の年収は数億円とも予想されています。

しかし実はそうでもない!?

苫米地英人さんのお金への価値観や気になる現在の年収など徹底調査しました!

苫米地英人のお金への価値観「お金持ちにしか見えない世界」

 

年収1億円プレイヤーであった過去を持つとなればさぞ大金持ちかと思われがちですが、苫米地英人氏によればそれは大したことではなくふつうのことだそう。
お金を稼いでいることは当然のこととして考えるのが重要だと述べています。

なぜならお金持ちの人にとってお金があることは別段気になることでもないからです。
別段気になることでもないからこそ、お金に対して執着心をもたず、お金を超えた価値で結ばれると言います。
凡人には知り得ない絆なのでしょうね・・・。

苫米地英人氏は世界から貧困や村荘をなくすことを目標に人脈を作ったりと、世間に影響を与えるようなとても大きな目標を掲げて、仲良しクラブにならない自分オリジナルの情報的価値を提供すれば人もお金も集まってくると述べます。

さらに苫米地さんの独特の言葉であるスコトーマ(心理的盲点)の克服に向けた生き方を推奨しています。

例えば1億円プレイヤーになるのに、経団連の企業でサラリーマンとして働くことが目標達成につながるか?といえばそれはありえない。

まずは自分が金持ちだったらどうするかという視点に立って、貧乏な人には見えないスコトーマ(心理的盲点)を克服することにより価値ある人になれるといいます。

 

苫米地英人は実際いくら稼いでいるのか?

 

苫米地英人さんは一般的な年収の10倍を目標として目指すのが一番良いといいます。

そんな苫米地さん、果たして実際いくら稼いでいるのでしょうか?

苫米地さんは2013年に岡田斗司夫さんとニコ生で対談しています。

その対談によれば苫米地さんにとって日本の平均年収である400万円の10倍である4000万円、5000万円くらいがちょうどよい年収であると考えているようです。

どうもお金を稼ぎすぎると、使うことをどうしたらよいか悩みくたびれてしまい、いかに多くのお金を使えるかということを目的に精進してしまうということで、あまり健康的ではないと考えているようです。

(羨ましいですね・・・)

きみも一億円プレイヤーになれる!と自己啓発書に書いていたときは、苫米地英人氏の若気の至りだったそう。

 

まず日本で社長として普通に期待される社会的役割を考えると年収3,000万円〜4,000万円は必要といいます。

ただ、アメリカのようにトップと新入社員の年収が400倍500倍というわけでもなく、10倍20倍の違いしかない日本ですら、大企業の社長は白い目で見られるという世界。

そのため上場企業の社長はよほどのことがない限りはあっても5000万円か6000万円までに抑えていると述べています。

 

気になる苫米地氏の年収はずばり3000万円くらいだそうです!

個人事業主としては3000万円くらいはないと成功した個人事業主としては扱われないと述べていることからもこれは超えていると認めていますね。

実際はもっと稼いでいるかもしれませんが、ご本人談によると・・・です。

 

日本の税制上、月収1000万円でも半分は税金として取られてしまうし、大して残らないのだそうです。

そういった意味で年収3000万円と1億円の違いは実はあまりないと語っています。

まとめ

・かつて1億円プレイヤーを超えていた苫米地英人氏、現在の年収は3000万円くらい
・1億円プレイヤーになって金持ちしか見えない世界がみえたので満足したのか自制するようになる
・年収1億円と年収3000万円で残るお金はほとんど変わらない

以上でした!

 

苫米地英人の情報商材 最安値でのご購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です